熊本飲食店マガジン

熊本の飲食店経営者へお役立ち情報を発信する。

資金

飲食店がクラウドファンディングを活用する際に気をつけておきたい2つのこと

飲食店を始めようと思い立った時、大きな壁となるのが開業資金。個人資金だけでは足りないケースもあるでしょう。そんな時、選択肢の一つになり得るのが、クラウドファンディング。日本では数年前から広まった、新たな資金調達の形です。今回は、そのクラウドファンディングについて紹介していきます。

 

そもそもクラウドファンディングとは?

クラウドファンディングは、crowd(群衆)とfunding(資金調達)を掛け合わせてできた、比較的新しい単語です。素晴らしいアイデアを思いついたものの、それを形にするだけの資金がない。そんな場合、クラウドファンディングを通じて賛同してくれる支援者を募って資金を調達し、そのお返しとして、支援者に対し何かしらのリターンを渡します。いわば、アイデアを持った起案者と、それに賛同する支援者をインターネット上でつなぐサービスといえるでしょう。

 

支援者が共感するようなストーリーを持たせることが大事

起案者にとってクラウドファンディングは、資金調達のための手段かもしれません。ただ、資金調達という目的が前面に出てしまうと、支援者の賛同を得ることはできません。賛同を得るためには、あなたの思いに共感してもらう必要があります。

 

共感を生み出す近道は、あなた自身のストーリーを語ることが重要です。あなたがなぜ飲食店を開業しようと思ったのか、自分の言葉で語ることができれば、資金を調達できる可能性は大きくなります。

 

リターンは支援金と同等に!魅力的なリターンがポイント

クラウドファンディングの種類は、購入型、寄付型、金融型の主に3つに分かれます。一般的によく利用されるのは、支援金に対するリターンとして商品やサービスを提供する購入型。飲食店の場合だと、食事やドリンクを贈るケースが多くなると思います。成功の可否に大きく関わるのが、極力魅力的なリターンの用意。リターンは、支援金と同程度のものを設定すべきです。例えば、5000円の支援に対し、5000円の飲み放題付きコースなどです。そうすることによって、支援者による出資のハードルもぐっと下がります。

 

ストーリーと魅力的なリターン。この2つをクリアできるのであれば、ぜひクラウドファンディングを利用してみましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

INFORMATION
  • 飲食店経営者と補助金・助成金をむすぶ最新情報
  • 専門家に相談する
  • お問い合わせ
CATEGORY
SPECIAL
閉店の危機に2度の移転! 47年もの間お客様に支持される工夫とは?後編
閉店の危機に2度の移転! 47年もの間お客様に支持される工夫とは?前編
飲食店のコスト削減(4) 家賃を安くしてほしい、でも大家さんに言いづらい…
飲食店のコスト削減(3) 電気料金の削減が期待できるLED照明
トマトにピーマン、キュウリ 夏野菜の正しい保存方法とは?
  • 熊本飲食店マガジンとは
  • 執筆者プロフィール
  • 運営団体
FACEBOOK