熊本飲食店マガジン

熊本の飲食店経営者へお役立ち情報を発信する。

補助金・助成金

分煙はもはや世界の常識!飲食店経営者が検討すべき3つの分煙方法

一昔前と比較して減少したとはいえ、日本では、今も多くの喫煙可能な飲食店が存在します。一方で、2020年の東京五輪に向け、屋内施設での受動喫煙防止の動きが広がりを見せています。国際オリンピック委員会は「たばこのない五輪」を目指しており、この流れは止まらないでしょう。したがって、分煙問題は飲食店にとって避けては通れない悩みとなりつつあります。そこで今回は、3つの分煙方法について紹介していきます。

 

bunen_01

 

コストがかからない時間帯分煙

ランチタイムを禁煙、ディナータイムを喫煙可にするなど、時間帯によって禁煙喫煙を分ける「時間帯分煙」。ディナータイムのみお酒を提供する飲食店で、よく利用されている方法です。分煙機器を導入しないのであれば、コストはかかりません。しかし、夜も禁煙と勘違いして訪れるお客様が出てくる可能性があるので、電話予約時や入店時に、禁煙と喫煙をしっかりアナウンスすることが求められます。

 

独立した喫煙スペースの設置は最も有効

喫煙者、非喫煙者に同じ時間帯に飲食してもらいたいのであれば、店内に喫煙スペースを設ける方法が一般的。コストはかかりますが、完全に独立した喫煙スペースの設置は極めて有効な方法です。 店舗の形状や広さ、予算によっては、分煙機器や空気の「カーテン」を作り出す装置を用いて、仕切りに頼ることなく分煙する方法も検討する価値はあるでしょう。 いずれにせよ、分煙化には一定のコストがかかります。これから分煙化を進める飲食店経営者の方は、ぜひ国の助成金を活用しましょう。厚生労働省の「受動喫煙防止対策助成金制度」を利用すれば、上限200万円までの補助が受けられます。

 

テラスがある店舗は屋外分煙も要検討

店内にどうしても喫煙スペースを確保できない。こうしたケースでは、屋外に喫煙場所を設ける方法が有効です。オープンテラスのカフェなどでは、よく見かけますね。ただし、導入の際には近隣への配慮を忘れずに。 分煙は今や世界の常識となりつつあります。コストはかかりますが、将来を考えて、ぜひ今のうちに分煙化を進めていきましょう。

 

separation-of-smoking_02

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

INFORMATION
  • 飲食店経営者と補助金・助成金をむすぶ最新情報
  • 専門家に相談する
  • お問い合わせ
CATEGORY
SPECIAL
カレーコンサルタント高津洋行の熱血カレー道場(3) カレーイベントに見る業務用カレーの普及
InstagramにGoogleマップ検索 熊本の大学生はこうやってお気に入りのカフェを見つける(後編)
InstagramにGoogleマップ検索 熊本の大学生はこうやってお気に入りのカフェを見つける(前編)
熊本の大学生はどこでコンパを開いているのか? 「会費は一人2000円台が基本」
熊本飲食店マガジン お悩み別オススメ記事〜SNS活用編〜
  • 熊本飲食店マガジンとは
  • 執筆者プロフィール
  • 運営団体
FACEBOOK