熊本飲食店マガジン

熊本の飲食店経営者へお役立ち情報を発信する。

SNS活用 特集

結果を重視する飲食店のためのInstagram活用術(1) プロフィール欄に入れるべき要素とは?

アクティブユーザー(普段使用しているユーザー)数が7億人を突破するなど、勢いがとどまることを知らないInstagram。10〜20代の若い世代は、人気店をGoogle検索ではなく、Instagramのハッシュタグ検索で調べることが一般化しています。熊本でもInstagramのアカウントを取得する飲食店が急増していますが、「結果に結びつかない」との悩みを抱える方が多いようです。本連載では、結果を求めるストイックなInstagram活用方法について、解説していきます。今回は、プロフィール欄について学びましょう。

まずは住所掲載を!

Instagramでお店に興味を持ってもらったとしても、住所がなければ来店に結びつきません。プロフィールには必ず住所を掲載しましょう。投稿の際に、位置情報である「スポット情報」を加えておくと、場所がすぐに分かるため、あわせて活用しましょう。

営業時間の掲載はお客様への思いやり

住所と同様、営業時間、営業日の記載がなければ、機会損失につながります。せっかく足を運んだのに、定休日や閉店後だった場合、とても残念な気持ちになりますよね。お客様目線の小さな心配りで来店率&好感度アップにつながります。

ターゲット層の設定は必須

あなたのInstagramの投稿は、誰に向けたものでしょうか。20代の女性おしゃれOLに見てほしい内容と、30代のアウトドア好き会社員男性に見てほしい内容は、全く異なります。その人に合ったプロフィールや、投稿、文体を意識するだけで、ファンは確実に増えます。

店名表記にも気を配る

アルファベット、漢字、カタカナ、ひらがな、時には記号。店名一つとっても、さまざまな表現が可能です。通常の表記のままで、ターゲット層に響くならば、変更の必要はありません。しかしながら、イメージやファッション性が大切なInstagramでは、表記を変えてみるのも、効果的な戦略です。たとえば、英語表記をカタカナに。正式名称の後に括弧書きで通称を入れるなどが、考えられます。

タイムラインもプロフィールページ

プロフィールから下にスクロールしていくと、投稿が一覧で表示(タイムライン)されます。Instagramでは、タイムライン全体を意識した投稿が極めて重要となります。イメージは個展。1つ1つの投稿ももちろん見てもらえるのですが、全体投稿を俯瞰(ふかん)した際の雰囲気が、実はフォロワー獲得につながるのです。ターゲット層を設定したならば、個展やショーケースを作る気持ちで、投稿1つ1つを大切に飾ってみてください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

INFORMATION
  • 飲食店経営者と補助金・助成金をむすぶ最新情報
  • 専門家に相談する
  • お問い合わせ
CATEGORY
SPECIAL
カレーコンサルタント高津洋行の熱血カレー道場(3) カレーイベントに見る業務用カレーの普及
InstagramにGoogleマップ検索 熊本の大学生はこうやってお気に入りのカフェを見つける(後編)
InstagramにGoogleマップ検索 熊本の大学生はこうやってお気に入りのカフェを見つける(前編)
熊本の大学生はどこでコンパを開いているのか? 「会費は一人2000円台が基本」
熊本飲食店マガジン お悩み別オススメ記事〜SNS活用編〜
  • 熊本飲食店マガジンとは
  • 執筆者プロフィール
  • 運営団体
FACEBOOK