熊本飲食店マガジン

熊本の飲食店経営者へお役立ち情報を発信する。

接客 豆知識

飲食店スタッフの身だしなみで気をつけるべきポイント

スタッフが髪の毛を結ばない、提供する料理に指が触れているーー。これらの光景をお客様が目にしたとき、どういった印象を受けるでしょうか。飲食店スタッフの身だしなみについて、どのようなことに気をつければよいのかを紹介します。

身だしなみによって、店のイメージダウンの可能性も

髪の毛

フロア(ホール)スタッフは、仕事中に髪の毛が抜け落ちないよう、フロアに入る前に髪の毛をよくブラッシングします。髪の毛が結べる長さの場合は、しっかりと結び、髪の毛が垂れないようにしましょう。また、キッチンスタッフは、髪を結んだ上にキャップを着用するなど、料理に髪の毛が入らないよう細心の注意を払いましょう。

アクセサリー

指輪、ピアス、イヤリング、ネックレス、腕時計などのアクセサリーは、印象や衛生面で適切とは言えません。指輪はつけたままの方も多いかと思いますが、指との間に細菌などが入り込みやすいので、しっかりと洗いましょう。

飲食物以外の香りは食事の邪魔に

におい

香水はもちろんNG。制服などの衣服を洗う際、香りの強い柔軟剤を使用することも避けた方が無難です。煙草や汗の臭いにも気を配りましょう。料理は五感で楽しむものなので、飲食物以外の香りは、お客様の食事の邪魔をしてしまいます。

爪はカットしておきましょう。マニキュアなどのネイルアートは厳禁です。また、爪の間の汚れは、手洗いでや爪ブラシで汚れを落としましょう。また、女性の場合は、つけまつげも異物混入になりかねないので、気をつけましょう。

衣服はしわが目立たぬようアイロンを

服装

エプロンや制服などの衣服は、きちんと洗濯し、しわなどが目立たないようアイロンを掛けるなど、綺麗な服装でお客様をお出迎えできるようにしましょう。

身だしなみは、いつどこでお客様から見られているかわかりません。身だしなみによって、お店全体のイメージダウンにもつながる可能性もあります。SNSの普及により、評判はすぐに広まります。身だしなみだけではなく、日ごろから店内や備品は清潔に保ちましょう。チェックリストを用意し、習慣化することがお勧めです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

INFORMATION
  • 飲食店経営者と補助金・助成金をむすぶ最新情報
  • 専門家に相談する
  • お問い合わせ
CATEGORY
SPECIAL
「飲食店が使う米は足りていない」 日本お米協会代表理事に聞く日本の米の現状
「漫画が読める本格レストラン」という独自のポジション 熊本県民の胃袋を22年間満たしてきた漫画人館に聞く店作りの秘訣とは
日本を代表するファストフード「丼」を世界に
カレーコンサルタント高津洋行の熱血カレー道場(3) カレーイベントに見る業務用カレーの普及
InstagramにGoogleマップ検索 熊本の大学生はこうやってお気に入りのカフェを見つける(前編)
  • 熊本飲食店マガジンとは
  • 執筆者プロフィール
  • 運営団体
FACEBOOK