熊本飲食店マガジン

熊本の飲食店経営者へお役立ち情報を発信する。

特集

【緊急連載】採用ページを設置して魅力を伝える情報発信を 飲食店が使える求人施策(1)

飲食業界で今、深刻化している問題の一つが従業員不足。来店数は多いのに、従業員不足により、お店が回らなくなり、閉店せざるをえない。実際にこうしたことが頻発しています。熊本飲食店マガジンにも、今年に入って数多くの採用に関する相談・質問が寄せられるようになりました。そこで、今回は緊急連載ということで、3回にわたって、飲食店が取り組める採用対策についてお伝えしていきます。初回は、短期的に効果が見込める施策について解説します。

ホームページ内に採用ページを設置する

熊本飲食店マガジンが実施した聞き取り調査によると、今まで主流であった求人雑誌や求人サイトへの出稿は、効果が低下してきているようです。では、どうすればよいのか。我々がオススメしている手法は、店舗のホームページ内に求人ページを作り、店舗自身が情報発信するというものです。

このメリットとしては、記載内容の情報量に制限がなく、また広告掲載費の削減ができる点。また、情報を更新していけるため、常に最新の状態に保つことが可能です。

情報発信のポイントとしては、職場環境をありのままに伝えることです。よく求人広告で見かけるのが、「楽しい」「仲がいい」など、ポジティブな側面のみを押し出したものです。しかし、今はSNS等で情報取集ができるため、どんなに取り繕っていても、職場の裏側はバレてしまいます。

Web広告をうまく活用し、接触点を増やす

求職者が欲しいのは、真実の情報。つまり、判断材料です。現代においては、ポジティブな情報だけでなく、ネガティブな情報も公開する必要があります。そうすれば、むしろ信用度が上がります。大変な部分を知った上での応募だと、採用後の定着率向上も期待できます。

採用ページ内には、「社員の顔」「職場環境」など、具体的な情報をおく必要があります。コンテンツは、テキストだけでなく、画像や動画も極力入れましょう。実際に働く姿を想像できるようなコンテンツが求められます。

採用ページを作成しただけでは、誰も来てはくれません。SNSやリスティングなどのWeb広告を打ちましょう。もし普段からポスティングなどを行なっているのであれば、採用ページのQRコード等を、チラシの一部にプリントしておきます。とにかく、接触点を増やすのです。

リファラル採用はマスト

従業員の友人、知人を直接紹介してもらう「リファラル採用」。もし、まだ取り入れたことがないのなら、すぐにでも始めましょう。

採用になった場合、前述の施策で削減することができた、求人広告掲載費用を「紹介料」として従業員へ還元します。メリットとしては、こちらも広告費削減の効果が期待できます。

さらに、従業員自身が一緒に働きたいと思う人物、つまり「信頼できる人」を紹介してもらえるため、定着率やサービス品質の向上も見込むことができます。

今回紹介した施策は、比較的すぐに取りかかることができるものです。ぜひ試してみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

INFORMATION
  • コスト削減情報
  • 専門家に相談する
  • お問い合わせ
CATEGORY
SPECIAL
【緊急連載】定着率向上には「やりがい」創出が不可欠 飲食店が使える求人施策(3)
【緊急連載】ブランディングで店舗イメージの向上を 飲食店が使える求人施策(2)
【緊急連載】採用ページを設置して魅力を伝える情報発信を 飲食店が使える求人施策(1)
飲食店経営の羅針盤 創業計画書のメリットについて考える
集客に効果アリ!?  創業64年の「日本美術」に聞く食品サンプルの魅力とは?
  • 熊本飲食店マガジンとは
  • 執筆者プロフィール
FACEBOOK
店舗オーナー向け業務用ショッピングサイトcostnet(コストネット)