熊本飲食店マガジン

熊本の飲食店経営者へお役立ち情報を発信する。

特集

【緊急連載】ブランディングで店舗イメージの向上を 飲食店が使える求人施策(2)

飲食業界で今、深刻化している問題「人手不足」。前回は短期的な施策について解説して行きました。今回は求人施策の第2弾、長期的に取り組むべき施策について見ていきましょう。

SNSを活用したブランディング

求人への応募数を増やすために、SNSを活用してみましょう。FacebookとInstagramが使いやすく、効果的です。1日1投稿を目標に、新メニューや、お店の裏側の話(もちろん公開できる範囲で!)、サービスに関する内容をアップしていきましょう。

店舗の情報発信をすることで、顧客の獲得と同時に、採用情報に興味を持つ人にもアプローチしていきます。投稿の際には、店舗の様子や従業員の顔が見える画像、動画をアップしていくとより効果的です。

労働環境の向上を

現在、人手不足を背景として、企業は「求職者を選び採用する」状況から、「求職者に選ばれる」状況になっています。そのため、求職者が「働きたい」と思う環境を作っていくことが重要になります。

給与等の待遇だけでなく、働きやすい「雰囲気づくり」も大事な要素です。環境を整えていくことで、現従業員も士気が上がり、運営の効率アップにも繋がります。

ブランディングで店舗イメージを向上

これも「働きたい」という気持ちを作り出す事につながるのですが、「店舗のイメージをはっきり打ち出していく」ことは求人において非常に大切です。

世界展開する某コーヒーショップのスタッフ募集は、常に人気なのですが、それはその店舗で働く事自体に憧れを抱いているから。ご自身の抱かれている店舗のイメージを再確認して、求人の際にもアピールしていきましょう!

前回記事のランディングページ等にも、そうしたイメージを反映させるとより効果的です。店舗イメージが向上に伴い常連さんの中から、「ぜひ働きたい」という人が出てくる可能性もありますので、同時に店舗内にも求人情報を張り出しておきましょう。

長期的な施策をご紹介してきましたが、そのほとんどが顧客獲得にもつながる、日々の積み重ねとなってきます。少し時間はかかりますが、施策をスタートさせるためのハードルは、時間、予算共にそんなに高くありません。是非お試しください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

INFORMATION
  • コスト削減情報
  • 専門家に相談する
  • お問い合わせ
CATEGORY
SPECIAL
【緊急連載】定着率向上には「やりがい」創出が不可欠 飲食店が使える求人施策(3)
【緊急連載】ブランディングで店舗イメージの向上を 飲食店が使える求人施策(2)
【緊急連載】採用ページを設置して魅力を伝える情報発信を 飲食店が使える求人施策(1)
飲食店経営の羅針盤 創業計画書のメリットについて考える
集客に効果アリ!?  創業64年の「日本美術」に聞く食品サンプルの魅力とは?
  • 熊本飲食店マガジンとは
  • 執筆者プロフィール
FACEBOOK
店舗オーナー向け業務用ショッピングサイトcostnet(コストネット)