熊本飲食店マガジン

熊本の飲食店経営者へお役立ち情報を発信する。

豆知識

飲食店の回転率を上げる照明選びのポイントとは?

飲食店のイメージや雰囲気に大きな影響を与える照明。店の居心地を左右し、料理を美しく見せる役割を果たします。さまざまな照明を使い分ければ、店内の雰囲気を自由に変えることができます。そして、来店客が受ける印象も変わり、回転率や集客にも影響をもたらします。繁盛店であれば、必ずと言ってよいほど、照明にこだわっているものです。今回は、空間の雰囲気づくりに役立つ店舗照明のコツやポイントをお伝えします。

複数の照明を組み合わせる

飲食店では、客席だけを淡く照らしてプライベート感を演出することもできます。空間全体を照らす全般照明(シーリングライトやシャンデリアなど)と、特定の範囲を照らして雰囲気を演出する部分照明(テーブルスタンド、フットライトなど)を上手に組み合わせるのがコツです。

1つの照明だけでは単調なイメージになりがちなので、いくつもの光をミックスさせて、柔らかく奥行きのある雰囲気を作るのも良いでしょう。コーナー・天井など、特定の場所にライトを当てると、空間にアクセントがつけられます。

色温度を考える

同じ照明でも、色温度が変われば見る人の印象も変わってきます。色温度が高いほど白に近く、色温度は低いほど赤に近くなります。色温度が高い照明は、清潔感や活動的なイメージを与えます。色温度が低い照明は、落ち着きのあるくつろぎ感を演出します。また、色温度2000~3000K(ケルビン)程度の温かみのある色は、料理をおいしく見せる効果もあるので、おすすめです。

一方、調理場やレジなどスタッフが集中し的確な仕事が求められる場には、色温度が高めの照明を設置するのも良いでしょう。色温度を考慮して照明を選ぶと、来店客が感じる店内の雰囲気をコントロールできます。

内装とのバランスをとる

店舗の印象は照明の光だけでは決まりません。天井や壁、床などの内装の色や素材によって、照明の明るさや印象は異なります。例えば、クールな昼光色の場合、緑や青など、寒色系の壁に当てると涼しげな空間になりますが、レンガや木目など、赤みの強い素材に当てると、安っぽい印象になりがちです。

また、内装の色によって光の反射率は異なります。白系はよく光を反射するので明るく感じますが、黒系は光をあまり反射しないため暗く感じます。内装とのバランスを考えながら照明を選ぶことが大切です。

照明の使い方次第で、お店の繁盛にもつながるといっても過言ではないほど、照明は飲食店にとって大切なもの。演出したい店のイメージと用途に合わせ、照明の種類ごとの特性を踏まえた上で、照明計画を立てましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

INFORMATION
  • コスト削減情報
  • 専門家に相談する
  • お問い合わせ
CATEGORY
SPECIAL
【緊急連載】定着率向上には「やりがい」創出が不可欠 飲食店が使える求人施策(3)
【緊急連載】ブランディングで店舗イメージの向上を 飲食店が使える求人施策(2)
【緊急連載】採用ページを設置して魅力を伝える情報発信を 飲食店が使える求人施策(1)
飲食店経営の羅針盤 創業計画書のメリットについて考える
集客に効果アリ!?  創業64年の「日本美術」に聞く食品サンプルの魅力とは?
  • 熊本飲食店マガジンとは
  • 執筆者プロフィール
FACEBOOK
店舗オーナー向け業務用ショッピングサイトcostnet(コストネット)