熊本飲食店マガジン

熊本の飲食店経営者へお役立ち情報を発信する。

押さえておきたい!コスト削減情報

物価の上昇や雇用環境の変化を受け、飲食店経営上の固定費は年々増加しています。料金改定や業務の効率化などさまざまな対策を講じる必要がありますが、まずは身近なコスト削減から見直してみませんか?

消耗品を業務用のものに変えたり、備品や設備をランニングコストの低いものに変えることで着実にコストを抑えていくことができます。しっかりと管理しているつもりでもよく見てみると意外な見落としがあることも多く、どんな飲食店でも改善の余地があり、すぐさま手を付けられるポイントです。
本記事では、コスト削減のノウハウや注目すべきポイントについてご紹介いたします。

間借りスタイルで始める飲食店経営が増えている?

初期費用や開業資金を抑えてることができる間借りスタイルでの飲食店開業。近年、この間借りスタイルでの飲食店を開業する側と、間借りの場所を提供する飲食店が増えてきています。どちらにもウィンウィンな関係をもたらす間借りでの飲食店経営。 間借りのメリットや注意すべき点などについてご紹介します。

 

    間借りスタイルで始める飲食店経営が増えている?

    電気代を削減するために飲食店ができること

    利益を出し、店を経営していくためには、少しでも経費を節約しておきたいところです。経費の中でも固定費として、毎月必ずかかってくるのが光熱費。飲食店における電気代に焦点を当てて、今からでもできる削減方法や電気代の見直し方法について、ご紹介していきます。

     

      電気代を削減するために飲食店ができること

      飲食店はこうすれば水道代を削減できる

      できるだけ削減したい水道光熱費。なかでも、手洗い、調理、皿洗い、掃除など、毎日必ず使用する水道使用量は、気を付けたいところです。洗い場の節水方法など、水道代を削減するためのポイントをお伝えします。

       

        飲食店はこうすれば水道代を削減できる

        バーやカラオケ店で需要のある業務用食品のメリットとは?

        飲食メニューを、もっと手軽においしく提供したい。こんな願いも、業務用食品を使えば、叶えることができるかもしれません。今や飲食店などあらゆる場所で幅広く活用されている業務用食品。うまく活用すれば、店のコスト削減にも大きく貢献します! こちらの記事では、業務用食品のさまざまなメリットについてご紹介します。

         

          バーやカラオケ店で需要のある業務用食品のメリットとは?

          LED照明に変えるだけでコスト削減につながる? LED照明のメリットとは

          みなさんの飲食店の照明にLEDは使用していますか? もしまだ使用していないのなら、この記事を見て、LED照明に切り替えることを検討してみてください。LED照明には、消費電力を抑えることだけだけでなく、さまざまなメリットがあるんです。

           

            LED照明に変えるだけでコスト削減につながる? LED照明のメリットとは

            備品や消耗品の無駄を抑えてコスト削減をめざす!

            飲食店経営にはさまざまな経費が必要です。単価が比較的低い備品・消耗品であっても、しっかりと管理しておかなければ、気付かないうちに高コスト体質になりかねません。店舗用備品・消耗品の無駄削減に注目し、コスト削減の考え方と具体的な手法をご紹介します。

             

            コスト削減に直結する消耗品はこうやって見直そう

            飲食店経営には、材料費や人件費などさまざまなコストが発生します。経営の安定化には無駄なコストの削減が欠かせません。コストの中でも見直しやすいのが、おしぼり(おてふき)、ペーパーナプキン、トイレットペーパー、コースター、紙エプロンなどの消耗品。比較的気軽にコスト削減を図ることができます。消耗品をコスト削減視点で見直すための3つのポイントをご紹介します。

             

            ジェットタオルとペーパータオルはどちらがいい?衛生面・コスト面から比較

            店舗のトイレや化粧室。手洗いの後、ジェットタオルで水気を飛ばすものと、ペーパータオルが設置してあるケースが多いです。1度設置すれば補充の手間がかからず、電気代だけで済むジェットタオル。反面、補充の手間などはかかりますが、水気をしっかり吸い取り衛生的なペーパータオル。どちらを設置したほうが良いのか比較してみました。

             

            飲食店の箸は割り箸とエコ箸、どちらを置くべき?

            日本において、食事になくてはならない「お箸」。飲食店で扱う箸には、割り箸とエコ箸(使いまわしの箸)があります。飲食店に箸を導入する際、どちらにすべきか迷んだことはありませんか? 割り箸とエコ箸には、コスト削減面、衛生面などのそれぞれの面において、どのようなメリット・デメリットがあるのかについてご紹介します。

             

            熊本飲食店マガジンでは、飲食店のコスト削減をサポートし、安定的な飲食店経営を支えます。今後も随時、コスト削減に関する情報をお届けいたしますので、ぜひチェックしてくださいね!

            この記事が気に入ったら
            いいね!しよう

            最新情報をお届けします

INFORMATION
  • コスト削減情報
  • 専門家に相談する
  • お問い合わせ
CATEGORY
SPECIAL
【緊急連載】定着率向上には「やりがい」創出が不可欠 飲食店が使える求人施策(3)
【緊急連載】ブランディングで店舗イメージの向上を 飲食店が使える求人施策(2)
【緊急連載】採用ページを設置して魅力を伝える情報発信を 飲食店が使える求人施策(1)
飲食店経営の羅針盤 創業計画書のメリットについて考える
集客に効果アリ!?  創業64年の「日本美術」に聞く食品サンプルの魅力とは?
  • 熊本飲食店マガジンとは
  • 執筆者プロフィール
FACEBOOK
店舗オーナー向け業務用ショッピングサイトcostnet(コストネット)