熊本飲食店マガジン

熊本の飲食店経営者へお役立ち情報を発信する。

slide05

補助金の申請書はこう書こう!
行政書士が教える採択率アップのポイント

「補助金の申請書の書き方が全くわからない」「以前提出したが、採択されなかった」こうした方々は、申請書恐怖症になっているかもしれません。でも安心してください。いくつかのポイントを押さえて申請書を書くことで、採択の可能性はぐっと高まります。

記入例を真似するだけでは採択は難しい

補助金の各募集要項には、申請書の記入例が掲載されている事が多いと思います。この記入例を参考にしすぎていませんか? 審査員が求めていることが記入例に載せられている場合が多いことは間違いありません。しかし、これを踏襲しすぎる形で書くと、他と似通った申請書になり、「採択したい」と審査員に思わせることは難しいでしょう。

では、どうすればよいのか。以下の5つのポイントを押さえる必要があります。

 

●タイトル(補助事業名称)

●事業内容(5W1Hを押さえているか)

●事業の新規性・独創性

●事業の収益性

●事業の具体性・実現性

 

タイトルは分かりやすいか?

まずはタイトル(補助事業の名称)です。単にインパクトがあって目を引けばいいというものではありません。もちろんインパクトも大事なのですが、タイトルを見ただけで事業内容が理解できる、「分かりやすさ」が最も重要です。

 

例えば、

・牛肉専門店の販売促進事業

・新メニュー「あか牛カツ」の提供開始と販売促進の強化

 

上記二つが同じ事業を行うものであれば明らかに下のタイトルの方がインパクトがありますし、どのような事業なのか、文面から容易に理解できます。

このように、タイトル一つで補助事業のイメージはガラリと変わります。インパクトがあり、かつ補助事業の内容が伝わるかという所をしっかり念頭に置いて、タイトルを決めましょう。

 

事業内容は5W1Hを押さえているか?

「Why」=「なぜ」

「What」=「何を」

「Where」=「どこで」

「When」=「いつ」

「Who」=「誰が」

「How」=「どのように」

 

という、「5W1H」を意識して事業計画を作成しましょう。

 

この「5W1H」の原則を意識して事業内容を作成していくことで、ストーリー性が生まれ、事業内容に説得力が生まれます。ただし、5W1Hを意識しすぎて、見せ方が雑になってはいけません。誰が見てもわかりやすい内容で作ることが大事です。

 

事業の独創性はあるか?

「独創性」と聞くと難しそうですが、簡単に言えば他店とは「違う点」はどこかということ。他店が行っていることを、あたかも新しい事業のように提出したところで、独創性がある事業計画とはいえません。

他店とは「違う点」とは、言い換えると他店と「差別化」できている点です。あなたの店は他の店と比較して、どこが優れているのか。ポジティブな意味での「差別化」の観点から、自らの事業計画を見直して、独創性を見つけましょう。

 

事業の収益性は十分か?

補助金を受けたあと、どのように収益を生み出していけるかという点です。いかにアイデアが優れていても、収益を生み出すことがイメージできないような内容では、採択が難しくなります。

現実的な根拠のある事業計画で、今後も会社として継続的に取り組む収益性のある事業であることを、数字を交えて説明する必要があります。

 

事業の具体性・実現性はあるか?

補助金の審査項目の中でも特に重視されるものが、事業の具体性・実現性です。事業の具体性が、「5W1H」をおさえることが大前提で、かつ事業の進行に併せた資金の調達方法なども示すと、より具体性が増します。

事業の実現性に関しては、事業内容がいくらしっかりしているものだとしても、実現することが到底できないような内容では、採択されることは難しいでしょう。どんなに固い事業内容でも、社会情勢を鑑みると、現時点では実現できないようなことは、避けましょう。

ほかにも、商品やサービスのコンセプトがより明確となっていることや、事業を実施するのに必要な人員の確保に目途が立っていること、仕入れ先などの事業パートナーが明確になっていることなど、細部まで留意しながら事業計画を作成することも大切です。

以上の5点はあくまでも大きなポイントにすぎません。そのほかにも、添付書類をつけることや、文字だけでなく図や表を用いての説明など、採択に近づけるためのテクニックはいくつもあります。また、応募する補助金によっても、その性質は変わってきます。事業計画など申請書に何を求められているか、必ず理解した上で戦略的に事業計画書を作成しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

INFORMATION
  • 飲食店経営者と補助金・助成金をむすぶ最新情報
  • 専門家に相談する
  • お問い合わせ
CATEGORY
SPECIAL
閉店の危機に2度の移転! 47年もの間お客様に支持される工夫とは?後編
閉店の危機に2度の移転! 47年もの間お客様に支持される工夫とは?前編
飲食店のコスト削減(4) 家賃を安くしてほしい、でも大家さんに言いづらい…
飲食店のコスト削減(3) 電気料金の削減が期待できるLED照明
トマトにピーマン、キュウリ 夏野菜の正しい保存方法とは?
  • 熊本飲食店マガジンとは
  • 執筆者プロフィール
  • 運営団体
FACEBOOK